生命保険で必要な保険料

MENU

働き盛りの男性は2000万円程度

一般的な男性の生命保険の死亡保障は、サラリーマンも自営も平気して2000万円前後と言われています。

 

また、30代から40代の働き盛りの世代では、特に生命保険の死亡保障額が高くなっている傾向が強いです。

 

子供や家族がいるご家庭では、生命保険に加入している人が多いと思います。

 

 

 

大黒柱が亡くなってしまうと、やはり女性の場合、仕事をしている人は良いですが、長年専業主婦で仕事のブランクがある人の場合、再就職も厳しく、生命保険がないと、厳しくなってしまう可能性が高くなります。

 

遺族年金も、一生もらえるものではありませんので、頼るのにも限界があります。

 

そのため、女性が再就職をして経済的に少しでも自立するまでを支える保険金が必要になります。
死亡整理金の他に、女性が経済的に自立するまでの数年の年収分と子供の学費が用意できれば、やはり安心です。

 

それを考えれば、やはり30代や40代の男性の場合、2000万円程度は必要になってくるでしょう。

 

夫婦二人だけであれば1000万円でも大丈夫でしょうが、子供がいるとなると、やはりよほどの貯金がないと、生命保険の死亡保障が1000万円だけでは、心もとないと思います。

 

逆に子供が成人してから高齢になると、1000万円くらいまで、死亡保障額は落ちていくケースが多いです。
生命保険で終身で2000万円をかけるのが難しい場合は、やはり掛け捨て保険などを利用して、子供にお金がかかる時期だけ、保障を厚くしておくのが得策です。

理想は3000万円

しかし、【理想の死亡保障】という意味では、3000万円〜5000万円を希望している人が多いです。

 

理想はもっと欲しいけど、実際には保険料のこともあり、2000万円程度が限度がというのが現実路線のようです。

 

実際、私の家でも、二人目の子供が産まれた時に、「これでは生命保険でカバーしきれない!」と思い、掛け捨て保険を追加で加入した経験があります。

 

終身でかけている保険は、主人が20代の頃に加入したので保険料が非常に安く、解約するのも勿体なかったので、掛け捨て保険の追加というのが、現実的な選択でした。

 

掛け捨て保険で2000万円ほど追加しましたが、それでも保険料は30代前半で20年程度かけても1万円以下でした。
現在はネット限定販売で、返戻金なしのプランでしたら、掛け捨て保険の場合は、非常に安く高額の死亡保障をかけることが出来ます。

 

同じ保障額で終身保険に入ろうと思ったら、4万円や6万円など、とても毎月支払える金額ではありませんでした。
住宅ローンなどを抱える人も多い世代にとって、毎月4万円や6万円の保険料は大変辛いと思います。

 

やはり終身でかけたい気持ちはあるでしょうが、高額な死亡保障を考えているのであれば、やはり掛け捨て保険も悪くありません。
子供が成人するまでの間は、保障を厚くして備えたいという人は、一度検討してみることをおススメします。

 

また、私のように、終身はすでに入っているけど、もうちょっと保障が欲しい人にも掛け捨ては使いやすいです。