生命保険で必要な保険料

MENU

子供に生命保険は必要か?

子供のいる人にとって、子供に生命保険をつけるかどうか悩んだことがあると思います。

しかし、一般的には、収入のない子供には、生命保険をかけているケースはそれほど多くありません。

 

病気などを心配して、子供の医療保険に加入している人もいますが、日本は健康保険制度がしっかりしているため、小さな子供の怪我や病気は、難病などをのぞき、乳幼児医療費補助制度などで自治体がカバーしてくれるため、そこまで高額になるケースというのは少ないのです。

 

また、万が一、高額になっても、国民健康保険の場合、高額医療費の還付手続きを行えば、1カ月8万円前後の支払いで済みます。
もしも子供の医療保険を考えるのであれば、乳幼児医療費助成制度の対象外となってくる時期です。

 

自治体の援助などがなくなってきますので、任意で加入をしていれば、それだけ安心感は出てきます。
ただし、現在の日本は少子化の影響で、子供の数が少ないため、子供保険は元本割れを起こしやすいと言われています。

 

経済的に余裕があれば、生命保険や医療保険を掛けるのも良いですが、そうでなければ、子供の場合は、【保険よりも貯金】で備える方が賢いと言えます。
また、どうしても保険に入るのであれば、【貯蓄性の高い保険】に入ると言うのが、現在の子供保険の傾向になっていると思います。

 

掛け捨ての生命保険や医療保険ではなく、いざという時に、子供の学資にも充てられるような保険が人気になっています。

 

元本割れしない学資保険の方が人気傾向

特に子供保険で人気があるのが、【学資保険】です。

学資保険は、自分で貯金が出来ない人にとっても、ちゃんと子供の学費が準備出来ると人気があります。

 

おまけに返戻率も高いプランもありますので、自分で貯金するよりもプラスがつくのが非常に魅力です。
現在、銀行で貯金をしても、金利が悪いため、学資保険よりもお金を貯めることができません。

 

同じ学資の貯金をするのであれば、元本割れをしない返戻率の良い学資保険に入ったほうがお得です。

 

特に貯金が自分では出来ない人は、自動的に学資を積み立ててくれる学資保険は非常に便利です。

 

子供の場合、生命保険や医療保険に加入するよりも、学資保険を利用する人の方が多いです。
生命保険は、子供が亡くなった時のショックの緩和にかけるという人もいますが、あまり一般的ではありません。

 

子供の保険は、どのような目的をもってかけるか、個人差があると思います。
しかし、大黒柱の生命保険に比べて、必要性はかなり低いと思います。

 

親の生命保険をかけても、まだまだ経済的に余裕がある人という場合はかけても良いと思いますが、一般的な家庭で、子供に生命保険をかけることはあまりお勧めしません。

 

子供に生命保険をかけるのであれば、その分を大黒柱に賭けたほうが、やはりいざという時に、受け取れる額が多くなるので、役に立つと思います。
子供の生命保険は、必須ではありませんので、お財布事情が厳しいのであれば無理して入る必要はありません。