生命保険で必要な保険料

MENU

専業主婦に生命保険はいるか?

専業主婦の生命保険は、どのくらいかけたほうが良いのか、考えてしまいますよね。

中には、専業主婦だったら生命保険自体が、そもそも不要だと考える人もいます。

 

元々収入がない専業主婦ですから、大黒柱の生命保険とは違い、高額な保障は不要です。

 

でも、専業主婦に生命保険が必要かと聞かれれば、生活に余裕がある人であればかけても良いけど、生活に余裕がない人であれば、不要というレベルだと思います。

 

そもそも、生命保険で【お葬式代】をカバーしたいと思うくらいであれば、生命保険は不要です。
なぜなら、お葬式代くらいであれば、自分達で貯金して備えることができるからです。

 

生命保険の魅力は、やっぱり少ない元手で、大きな保障が得られるという点です。
保障額が小さいのであれば、死ぬまでの何十年間、自分たちで地道に貯金しても備えられます。

 

貯金の方が、生命保険とは違い、手元ですぐに動かせるお金なので非常に便利です。
1000万円や2000万円という大きな死亡保障でなければ、専業主婦の場合は、生命保険ではなく、貯金で備える方が良い場合もあります。

 

特に自営のように、収入の上下が激しい場合、貯金で準備をしたほうが、何かあった時でも安心です。
最近の葬儀は、小さい規模であれば、100万円未満でも出来ますので、自分たちで積立貯金などを利用して、準備をするのも良いと思います。

 

専業主婦の生命保険は、生活に余裕がある人だけが入れば良いと思います。

死亡整理金くらいは用意しているケースが多い

では、専業主婦で生命保険に加入する人は、一体どのくらいの死亡保障を用意しているのでしょうか?

一般的には、女性の場合500万円〜1000万円で備えている人が多いです。

 

そのくらいの金額があれば、死亡整理金としては十分だと思います。
しかし、実際に死亡整理金っていうのは、どのくらいかかるかというと、200万円前後で、小さなお葬式であればもっと安く済ませることができます。

 

子供たちに遺産を残すなどの目的もなく、本当に死んだ後に周りに迷惑をかけない程度の生命保険で良いのであれば、死亡保障は専業主婦の場合、200万円程度でも十分と考えられます。

 

むしろ、専業主婦は、生命保険よりも、長期の入院などに備えて、医療保険を重視した方が現実的です。
終身の医療保険に、200万円程度の生命保険を付けるだけでも良いと思います。

 

ただし、女性が共働きをしている場合は、やはり主婦とはいえ、半分の大黒柱を失うことになりますから、やはり専業主婦とは違い、もう少し高い死亡保障が必要になると思います。

 

特に住宅ローンなどを、共働きを見越して返済額を決めていた人は、女性が死んでしまった場合、いきなり住宅ローンの返済が苦しくなってくる可能性が大です。
住宅ローンの返済が滞ってしまうと、家を失くす可能性まで出てきますので、やはり大きな人生プランの変更を余儀なくされます。

 

そうならないためにも、やはり共働きの女性の場合は、生命保険で余裕をもてるように、最低でも年収1年分くらいを見込んで保障額を決めておくのも良いと思います。