生命保険で必要な保険料

MENU

遺族年金の手当の薄さを生命保険でカバー!

自営業の場合、サラリーマンに比べて、遺族厚生年金がもらえず遺族基礎年金も【18歳未満の子供がいる場合】のみ支給されるため、人によっては大黒柱の死後、何も貰えない可能性があります。

 

子供がいなくても妻に5年間は支給される遺族厚生年金との大違いです。

 

 

そのため、自営は人によっては、大黒柱の死後、一切の収入がなくなってしまうため、生命保険でしっかり備える必要があります。

 

サラリーマンよりも、高額な死亡保障に加入しているのが多い人は、やはりこうした遺族年金の違いが大きく影響しています。
自営の場合、生命保険に加入しないのであれば、それなりに遺族が生活していけるだけの貯金を持っていることが必要になってきます。

 

もしも、貯金がないのであれば、やはり生命保険に入っておく必要があります。
結婚した時や、子供が産まれた時に、出来るだけ生命保険に加入しておくことをおススメします。

 

特に自営は、サラリーマンよりも生命保険を手厚くしておく必要がありますので、ただし、一生独身で家族がいないと言う人であれば、葬式代でも良いと思います。
やはり自営で家族持ちの場合は、どうしても遺族の生活を考えると、死亡保障は高くなりますね。

 

自営は多く貯金をするか、高い死亡保障でカバーするか、どっちかの方法を考えておかないと、遺族が大変な思いをしますので、早めに準備をしておきましょう。
特に自営の場合は、掛け捨てよりも、一生保障が続く【終身】の方が理想的です。

 

貯金がない家ほど生命保険を!

特に貯金のない自営は、生命保険でのカバーが大事になってきます!

生命保険でカバーできない場合、遺族年金も貰えないと、完全に収入が立たれてしまう可能性があります。

 

貯金のない自営で、18歳未満の子供がおらず、専業主婦をしている人が、一番大黒柱の死後、困ることになります。
ひどい場合は、お葬式代すら出せない可能性もありますので、やはり最低限の貯金や生命保険でのカバーが大事になります。

 

一般的なお葬式は大体200万円前後すると言われています。
また、大黒柱が亡くなってしまうと、生活費の心配も出てきますので、やはり500万円前後の蓄えがある方が安心ですね。

 

特に専業主婦で、再就職が必要な場合、すぐに仕事が決まっても、お給料をもらえるのは1カ月後になることが多いです。
また、再就職に時間がかかってしまう場合、貯金や生命保険がないと、生活できなくなってしまいます。

 

最悪の状態にならないためには、自営の場合、生命保険をシッカリかけておきましょう。

 

大黒柱を失った後の大変さを考えると、やはり自営は掛け捨てでも、10年程度の掛け捨てではなく、終身に匹敵するほどの長期の掛け捨てを選択することが必要
になってくると思います。

 

特に終身ではどうしても保険料が高くて無理だと思った場合、長期の掛け捨ての方が、安いので一度チェックしてみる必要があります。
また、終身でも払込期間を終身払いにすることで、若干安くすることができます。

 

定年のない自営の場合は、終身払いも悪くありません。